東京大学血管外科

更新情報

松浦壮平先生の論文がSurgical Case Reporsにpublishされました。

[研究]

薬剤塗布バルーンによる治療の報告です(Surg Case Rep. 2019 Dec 23;5(1):204. doi: 10.1186/s40792-019-0764-9.)。現在薬剤塗布デバイスに関して、死亡率が高い可能性が示唆されておりそれについて議論があります。今後の指針のためには多くのデータが必要ですが、この発表はその一助となる可能性があると考えます。